歯周病治療

歯周病とは?

虫歯は歯が溶けてしまう病気ですが、歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまいます。虫歯のようなわかりやすい痛みがないため、ほとんどの方は自覚症状がないまま進行していき、やがて歯茎が腫れ、最終的には骨が溶けていきます。歯そのものがどんなに健康な状態でも、それを支えている骨がなくなってしまえば抜け落ちてしまいます。

30歳以上の大人の8割が歯周病になっていると言われており、歯を失う原因の第一位も歯周病であることがわかっています。他人事だとは思わずに、すべての方が歯周病に対する意識を高めるようにしましょう。

歯周病専門医による診療

歯周病の検査や治療には、虫歯とは違う専門的な知識・経験が必要です。当院では歯周病の専門医が、あなたの歯を守るための最大限の歯科診療を行っております。歯周病の予防や治療をご希望される方は、四つ木歯科クリニックへご相談ください。

歯周病と他の病気との関係

歯周病菌は歯茎の内部へ入っていき、血管を通じて全身を巡ります。近年、歯周病と他の病気との関連が数多く報告されていますので、全身の健康を維持するためにも、必ず歯周病ケアを続けていくようにしましょう。

歯周病との関連が指摘されている疾患

  • 糖尿病
  • 呼吸器系疾患
  • 骨粗しょう症
  • 関節炎
  • 菌血症
  • 心臓血管系疾患
  • 感染性心内膜炎
  • 未熟低体重児

など

歯周病治療

初期の歯周病においては、まず歯磨きの見直しとクリーニング(特に歯石除去)によってお口の中を衛生的な状態にします。これだけでも歯周病がかなり改善されていくことがほとんどです。

ある程度歯周病が進行していきますと、歯と歯茎の間にある溝「歯周ポケット」の奥まで細菌が繁殖した状態になります。そうなりますと、麻酔をした状態で歯周ポケットの深いところまでお掃除する治療が必要になります。これをSRP(ルートプレーニング)と言います。

さらに進行している場合は、歯茎を切開して、歯の根元に溜まっている汚れや歯石をかき出す口腔外科的な処置が必要になります。

このように、歯周病は進行すればするほど大掛かりな治療が必要になっていきますので、できるだけ初期の段階で治療を受けるようにしましょう。また、成人はほとんどの方が歯周病になりますので、普段から予防に努め、自分の歯でいつまでも美味しく食事を楽しめるようにしましょう。

歯のことでお悩みでしたら
四つ木歯科クリニックへ

月曜日~土曜日 10:00~12:30/15:00~19:30 ※土曜日午後 14:30~16:30 休診日:日曜・祝日
京成線「四ツ木駅」より徒歩10分 OKストア四つ木店そば

tel:03-5698-2270 24時間受け付けております。簡単!ネット予約