2020.05.17更新

新型コロナ感染症対策の一環として急な痛みや入れ歯相談、口腔ケアのご相談をLINEによる遠隔チャット相談という形ではじめました。

当院の訪問診療部には地域連携室を設けて、訪問診療を希望される患者様、ご家族の方、介護職の方が、いつでも気軽に相談ができるように努めています。

今、新型コロナウイルスの影響で、普段以上に歯科医院に通いづらい場合もあるかと思います。しかし、歯の痛みやトラブルはとてもつらいですので、何かありましたら遠慮なく、お電話をいただき、ご相談をいただければと思います。誰にとっても難しい局面ですが、共に乗り越えていきましょう。

1 幅広い日時に対応できます!

 定期的にデイサービスや病院に通っていらっしゃる方も併せた訪問診療を行うため、他のスケジュールとの調整がおこないやすい。

2 ご家族・ヘルパーさんと健康を考えます!

 口腔ケアの仕方をお伝えしていきながら、お口のケアができるように一緒に考えていきます。

3 入れ歯の修理・口腔ケアに取り組んでいます!

 入れ歯の修理・虫歯の治療はもちろんのこと、一生ご自身のお口で食事ができるよう日々の口腔ケア実施しています。

 

  LINEQRコード

 

投稿者: 四つ木歯科クリニック

2020.05.13更新

元国立保健医療科学院口腔保健部部長で、鶴見大学歯学部探索歯学講座教授の花田信弘先生が、4月20日に放送されたNHKのテレビ番組『朝イチ』で、「口腔ケアは重症化を予防し、ウイルス感染による肺炎に続いて起こる、免疫力低下による細菌性肺炎のリスクを低下させる」と話され、さらに、Facebookにて、次のような画像を公開されました。

画像の出典はOur World in Dataが作製したビデオということです。とても説得力があるので、一部を抜粋して、画像と解説を掲載させていただきます。

【解説】
① はじめはウイルス性肺炎との戦いである。
② ところがウイルスに対する免疫力が暴発し、肺の細胞がダメージを受けて、細菌性肺炎を起こしやすくなる。
③ むし歯・歯周病の治療と歯みがき・舌磨きをしなければ、細菌性肺炎を続発する。
④ 数千単位で細菌が急速に増加して免疫システムを圧倒して重症化する。
⑤ やがてバクテリアが血液に入り体を蹂躙 (じゅうりん)する。この状態になると死の可能性が非常に高くなる。

肺炎

いかがでしょうか。口腔内の細菌を少なくすることで、新型コロナウイルスに感染しても肺炎の重症化を予防することができるというのです。

私たちも3蜜をできるだけ作らないようにしながら、口腔ケアをさせていただいていくように頑張りたいと思います。

*緊急事態宣言発出中は、口腔ケアを含めた予防処置を中断しています。解除された後は、全力で頑張っていきたいと思っています。

投稿者: 四つ木歯科クリニック

2020.05.02更新

投稿者: 四つ木歯科クリニック

2020.05.02更新

投稿者: 四つ木歯科クリニック

歯のことでお悩みでしたら
四つ木歯科クリニックへ

月曜日~土曜日 9:30~13:00/14:30~18:30 ※土曜日午後 14:30~16:30 休診日:日曜・祝日
京成線「四ツ木駅」より徒歩10分 OKストア四つ木店そば

tel:03-5698-2270 24時間受け付けております。簡単!ネット予約