2018.04.12更新

昔は歯が悪い人がとても多くて、白くて歯並びがきれいなんてことより「今の痛みを何とかして!!」っという人ばかりでした。

そうそう時代時代で歯医者の役割が変わってきたこと知ってますか?

 

痛みのコントロールの時代

私が学生の頃は、歯科医療に一番求められていたのは痛みのコントロールでした。当時はまだ、虫歯をもった人がたくさんいましたし、歯科医院も今ほど多くありませんでした。その為、歯医者は虫歯の痛みに苦しむ人たちを痛みから解放することが第一の使命でした。

歯が痛い

機能回復、力のコントロールの時代

次第に痛みを訴えて来院する方が減り、より良い機能の回復を希望される方が増え、歯ぐきの再生医療やインプラントに代表される先進医療により、それまで考えられなかったような治療方法で機能の回復ができるようになってきました。

インプラント

予防と審美の時代

最近では、若い方を中心にきれいな口元を求める方が増えてきました。美しく清潔で白い歯と奇麗な歯並び。そして、虫歯予防と歯周病予防を歯医者は求められるようになってきました。

予防歯科

 


時代の移り変わりの中で私たち歯科医師に求められる事柄がどんどん変化してきました。今まだ虫歯の痛みで苦しまれている方も現実にたくさんいらっしゃるし、入れ歯が噛めなくて苦しまれている方もたくさんいらっしゃいます。


もちろん私たちは、こういった方々を苦痛から解放してさしあげることに全力を尽くす。これが歯科医師の使命であることは間違いありません。
同時に、私たちはこれからの歯科医療がどうあるべきかについても考えていく必要があると思います。(次へ続く)

 

 

投稿者: 四つ木歯科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

歯のことでお悩みでしたら
四つ木歯科クリニックへ

月曜日~土曜日 10:00~12:30/15:00~19:30 ※土曜日午後 14:30~16:30 休診日:日曜・祝日
京成線「四ツ木駅」より徒歩10分 OKストア四つ木店そば

tel:03-5698-2270 24時間受け付けております。簡単!ネット予約