2018.02.20更新

四つ木歯科クリニックは、「食支援」を中心に置いた訪問診療を行う準備をすすめています。

そもそも「食べるということ」は一体どういうことなのか?

そこで、これからシリーズでいろいろな角度から見た「食べるということ」について考えてみようと思います。

 

大学を卒業してからしばらくして、東京医科歯科大学顎口腔総合研究施設からお声がかかりました。

そこで私は、食べるということについて基礎医学的な研究を始めることとなりました。

 

私の恩師の故窪田教授は、身体に備わっている様々な「機能システム(消化・吸収・循環・呼吸・排泄・内分泌・生殖・歩行等)」は、

「咀嚼システム」と相互依存しながら、形成され、発育・成長・老化していく。とういう仮説をたてていました。

 

少し難しいですね。簡単に言うと食べることは身体の色々な働きと密接に関係していてその仕組みが出来上がり、成熟、老化にいたるまで

お互いに影響しあっている。つまり、食べることが上手くいかなくなると身体のあらゆる仕組みが維持できなくなるということです。

人を生き物として考えれば、食べられなくなることは死を意味するという当たり前のことかもしれません。

 

 

投稿者: 四つ木歯科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

歯のことでお悩みでしたら
四つ木歯科クリニックへ

月曜日~土曜日 10:00~12:30/15:00~19:30 ※土曜日午後 14:30~16:30 休診日:日曜・祝日
京成線「四ツ木駅」より徒歩10分 OKストア四つ木店そば

tel:03-5698-2270 24時間受け付けております。簡単!ネット予約